いざ、現地へ

・西日本の海沿い
・観光に力を入れている
・地方起業を応援してくださる
・活動内容が「食」に関わっている

上記の様な観点で自治体を探し
選考を受け
結果
2つの自治体に面接して頂けることになった私。
役所の担当の方とDMで直接お話をして、日程の調整を行いました。

私の仕事の都合もあり、1次書類通過の連絡から約1ヵ月後。
(都合が合えば、1次選考通過から1~2週間程度で面接の日程を組んでくださる自治体もあります)
実際に足を運び2次面接をさせて頂いたのは

大分県のとある自治体
(都合上、これ以上の詳細は伏せさせて頂きます)

山口県 長門市
(1月からお世話になります)

まずは、この場を借りて改めてお礼を言わせてください。
地方起業への一歩を踏み出す機会を頂き
本当にありがとうございました。

~現地での流れ~

ここから先は、実際に地域おこし協力隊としてお世話になる事に決まった

山口県長門市での経験

を書かせて頂きます。
1泊2日の行程
大分県の自治体も似た流れでしたので、参考にして頂ければと思います。

-2019年10月1日(火)-
現地視察

7:20 羽田空港発

9:00 山口宇部空港着

朝一の飛行機で移動。
この日は現地視察なので、私服でOK
特別な持ち物の指定はありませんでしたが、2日目の面接はスーツなので、スーツケースは必須。
担当の方との待ち合わせは10時

1時間早い到着にして、空港内を軽く散策。
地方に行って楽しみなのは、お土産コーナーと、コンビニ!
地元ならではのものが並んでいて、勉強になります!

10:00 担当の方とミート

空港で待ち合わせ。
車で迎えに来てくださいました。
正直、かなり緊張していたのでガチガチの状態で車へ。

10:00 山口宇部空港発

山口宇部空港から長門市までは約90分の道のり。

「今日は選考とは関係ないから、気さくに話して大丈夫」

とおっしゃって頂き、様々お話させて頂きました。

2日間の流れについて
・地域おこし協力隊を志望している理由
・長門市を選んだ理由
地方起業の話
・移住後の不安
・長門市での暮らしについて

話せば話す程、確認したいことや、担当の方からの質問も出てきて、あっという間の90分。

11:30 長門市内着

まずは、本日お世話になる宿へ。

お試し暮らし施設 田舎暮らしの宿「ゆうゆう」

旧旅館を改装した施設で、俵山温泉街にあります。
川沿いの静かな環境。
アメニティグッズは持参。
キッチンは自由に使用できるとの事なので、数日間滞在する方にとっては
自宅感覚で滞在出来ます。

宿泊費は、なんと、、、

市が負担してくださいました!

さらに、昼食として、地元の食材をふんだんに使用したお弁当も!
何から何まで、、、、
ありがとうございました

13:00 市内視察開始

宿に荷物を置いて、昼食のお弁当を頂き、再び担当の方の車へ。

ここで偶然、地域おこし協力隊の先輩(現在は任期を終えて、猟師)と遭遇!
長門市での暮らしについて少しお話を聞かせて頂き、非常に参考になりました!

※あの時は未確定でしたが、、、
実際にお世話になる事になりました!
宜しくお願い致します!

長門市は、大きく分けて6つのエリアに分かれます。

・青海島、通エリア
仙崎エリア
・三隅エリア
・深川、湯本エリア
・俵山エリア
・谷・日置エリア


ながと観光ガイド

※それぞれのエリアの詳細に関しては、
移住後、写真・動画とともにUPさせて頂きます

視察では、半日かけてすべてのエリアを周りました!

観光地、住宅地、商業地、海、山、田畑、、、

それぞれのエリアで詳細な説明を頂き、半日という短い時間ではありましたが、実際の長門での暮らしを感じる事が出来ました。

また、途中から、現役の地域おこし協力隊の先輩(ながとと編集長)が合流

Uターンで活動されている方。
実際の活動のお話もいろいろ伺えて、すごく助かりました!

※緊張していて、話したい事の半分も話せませんでしたが、、
実際に移住することになりましたので、宜しくお願い致します!

18:00 宿着

担当の方に宿まで送って頂き、1日目終了
なんと、近くの温泉施設の無料利用券まで頂きました、、!

どこまで至れり尽くせりなのだろうか、、

温泉を楽しませて頂き、施設内の御食事処で夕飯を頂き、就寝。

俵山温泉、地元の皆様もあたたかく、静かでいい温泉街でした!

-2019年10月2日(水)-
面接

2日目は面接。

面接の様子やその後については次回投稿

続・現地視察と面接

にて書かせて頂きます

shinya

著者
shinya

shinya

大学卒業後、2年半の旅行会社経験を経て料理人に。 35歳までに起業することを目標にして過ごす中で、学生の頃に学んだ【地域振興】に対する想いが膨らみ、32歳で地方移住。 現在、山口県長門市にて「地域おこし協力隊」として活動中。3年間の活動後の目標は、この地での起業。