うどん自販機

それは

昭和の産物

マイカーブームの到来とともに全国に普及し

コンビニの登場により姿を消した

昭和の産物

なんと

山口県に現役で活躍している機械がある

との事で

行って来た!!

長沢ガーデン

幻のうどん自販機が活躍中の施設

それは

山口市と防府市の境

長沢池の湖畔にある

ドライブイン

長沢ガーデン!!

国道2号線を走っていると現れます
※レトロなたたずまい
温泉もあります!!

建物から漂う

昭和感!!!

「道の駅」

一般道の休憩所の主役になっている現代。

「ドライブイン」

その響きだけで

尊い

さっそく潜入してみると

建物内も

最高の昭和感!!!

赤いテントにタイル張りの床、漂う昭和。
は、なんだろ?ハッシュタグでは無いと思うが
※レトロな機械がそろうゲーセン
※最近あんまり見なくなったなー
※レトロだ
※なんだか、売ってるお菓子も懐かしい感じがするのは気のせいか
※やはり、長沢ガーデンと言えばうどん自販機!!

てっきり建物の中にあるのかと思っていたのですが、、、

お目当ての自販機は

建物の横にありました!!

なんと

たまたま

補充しているところ!!

思わず、中の構造が見れました!!

※うどんカップがたくさん!!

読売新聞のYouTubeにも!!

ちょっと調べたら分かったのですが

うどん自販機

“自販機”

というネーミングですが

中身は

“手作り!!”

長沢ガーデンの場合は

隣の売店でスープや具材を作って

定期的に自販機に補充しているそう。

そして

さらに詳しい仕組みは

朝日新聞のYouTubeに出てました!

長沢ガーデンでは無いですが

同じ機械なので

仕組みは同じはず!!

なんだか

味わい深い仕組みですね、、、!!

ということで

実際に買ってみた!!

※“肉うどん”300円

具は全部麺の下に入ってるとの事で

※おいしそう、、、
※具材、きれいに盛りなおしたらこんな感じ

想像してたより

しっかり肉うどん!!

味もいい!!

ツユがうまい!!

あっという間に

完食

とにかくうまかったので

また近くを通る時は

買いたいと思います!!

shinya

著者
shinya

shinya

大学卒業後、2年半の旅行会社経験を経て料理人に。 35歳までに起業することを目標にして過ごす中で、学生の頃に学んだ【地域振興】に対する想いが膨らみ、32歳で地方移住。 現在、山口県長門市にて「地域おこし協力隊」として活動中。3年間の活動後の目標は、この地での起業。