センザキッチンの隣にある

仙崎漁港

この漁港内にあるのが

山口県漁協仙崎地方卸売市場

今からおよそ

8年前

2012年7月27日

昭和45年(1970年)に建てられた

旧市場を建て替え

完成した

新市場

長門に越してきて

約1年

何度か足を運んではいますが

“セリ”

を見たことが無い、、、

素人が安易に入っていい場では無いですが

やはり

見ておきたい!!

ということで

知り合いの仲卸の方にお願いして

行って来た

セリ

AM1:30

見学をさせて頂く仲卸の方と待ち合わせ。

市場に向かうと

沢山の方々と

揚がったばかりの魚たちが!!

セリの開始までに

仲卸の方々は

魚を下見。

どんな魚が入っているか?

どの魚を買うか?

そこはプロの現場。

鋭い目が光ります。

この日は

近海で取れた

“さわら”

が大量!!

7kgもある大物から

平均的な3~4kgのサイズまで。

他にも

仙崎名産の

“イカ”

“アジ”

“サザエ”

“スズキ”

“アラ”

なども!!

AM2:00

セリ開始。

現在の豊洲市場

まだ築地にあった頃

何度か見学したことはあったのですが

久しぶりに見る

セリ。

案の定

まったく何を言っているのかわからない、、、

赤の帽子をかぶった市場の方が仕切り

青の帽子の仲卸の方が競る。

セリ独特の用語

“手やり”

と呼ばれる

手振りが飛び交い

活気づく。

AM2:30

想像以上に速いペースで

どんどん競られていく魚。

セリ落とされた魚たちは

業者ごとにまとめられて

それぞれのトラックへ。

こうして仙崎の魚が出荷されていく。

仙崎に住んでいますが

なかなか見れないセリ。

この日の気温は

-1℃

極寒の中でしたが

いい経験になりました!

shinya

投稿者

shinya

大学卒業後、2年半の旅行会社経験を経て料理人に。 35歳までに起業することを目標にして過ごす中で、学生の頃に学んだ【地域振興】に対する想いが膨らみ、32歳で地方移住。 現在、山口県長門市にて「地域おこし協力隊」として活動中。3年間の活動後の目標は、この地での起業。