地域おこし協力隊として正式に着任して3日目の私。

つまり、昨日の私。

分からない事が多すぎて、どうしたらいいか分からない!!

正直、そんな状態でした。

地域おこし協力隊って、仕事じゃないんです。

あくまでも、国の

“制度”

なので、何か決められた仕事をこなして、その対価を給料としてもらうわけではない。

“地域おこし”

“報酬”

としてお金をもらうわけで

“その方法は自由”

なのです。
(私が担当している「商品開発と販路拡大」の様に、長門市ではある程度の指針は決められていますが、具体的な方法に関しては自由です。自治体によっては、完全に自由なところもあります)

そして、各自考えた活動の資金が

“一定の範囲内で自治体から支給される”

そういう制度なのです。
(上限金額に関しては、国から指定された予算内で、自治体によって決められています)

つまり、私が困っているのはこういう事。

商品開発をして、その販路を考え、結果、地域振興に繋げるという方針は理解した

商品開発について学び、商品作りを実際に行うために「ながとラボ」に配属され、支援して頂くという事も分かった


・何から始めればいいの?
・活動資金はどう使うのが正解?
・誰に何をどう相談すればいいの?
自由すぎて逆に困る、、、

そうなんです。

“この制度、自由すぎる”

これなんです。

もし、長門市が地域おこし協力隊の受け入れに積極的ではなく、先輩隊員がいなかったら、、、

私はたぶん

3日で路頭に迷っていた

と思います。

活動報告と相談

何が分からないのかも分からない状態で迎えた4日目。

長門市の現役地域おこし協力隊全員が集まるMTGがありました。

2013年から地域おこし協力隊の受け入れを始め

過去16人の先輩が活動してきた長門市。

現在も、私を含め

9人が活動しています。

年齢もバラバラ。
活動内容もバラバラ。

林業、飲食業、不動産、広告etc…
なんと、国際的な活動を行う、ロシア人の方もいます!!

facebookにて、不定期に活動の報告を行っているので、よろしければ御覧ください!)

~MTG内容は、月に1回の活動報告会~

本日は、各々、1ヵ月の活動報告や情報共有、今後の予定を発表するMTG。

そう

今日のこの会で、色々な事が分かりました!!

・地域おこし協力隊が、実際にどう活動しているのか
(漠然としていたイメージが、だいぶはっきりしました)
・どんな方向性で動いていけばいいのか
(先輩に相談が出来ました)
・活動資金の使い方
(先輩の例を聞いて、イメージができました)

改めて思いました。

長門市でよかった、、、

まだハッキリとはしませんが、なんとなく、どう動いていけばいいのかイメージできた。

先輩が全くいない自治体だったらどうなっていたことやら、、、

そして、MTGの後は先輩に誘っていただき、長門市では珍しい

肉バル

のランチへ。

肉バルnikot

日替わりランチ

ステーキ丼

まさかの

680円

安すぎる、、、

カウンター席もあって、一人でも行けそうなので、近々また行ってみようと思いました。

※アイキャッチになっているのは、協力隊の活動後にハンターになった先輩が販売している、鹿肉。地域振興にも本当にいろいろな方法があるのだなと、改めて考えさせられました。

shinya