正式採用

~委任状交付式~

引越しの荷物もある程度落ち着き、地域の様子も少しずつ分かり始めてきた移住5日目。

“委任状交付式”

がありました。

流れはこんな感じ

委任状交付

市長から一言

地域おこし協力隊員から一言

マスコミ写真撮影
(市長と握手)

市長と歓談(5分)
※マスコミ撮影の中で実施

マスコミから質問

地元TVインタビュー

マスコミ写真撮影
(ソロ)

役所の一室で、地元マスコミに囲まれ

とにかく緊張した、、、

新聞とかTV関係の記者ってすごいですね

質問ラッシュ。

なかなかエッジの効いた質問もあり

話したい事の半分も伝わらなかったと思います。

TVカメラを向けられてのインタビューも

緊張でガチガチ。

何話したか覚えてないです。

ローカル放送、地元情報誌とはいえ、あの緊張感はなかなか味わえないものだったなと。

~転入手続き~

辞令を受け、これで正式に地域おこし協力隊になりました!

このタイミングでの手続きが

“長門市への転入手続き”

です。

制度上、辞令の後にすることになっているので、引越は5日前なのですが、手続きはこのタイミング。

「辞令前に転入手続きを行った場合、地域おこし協力隊としての採用をお断りすることがあります」

との注意書きも、、、

調べたところ

多くの自治体でこの決まりがある

ので、注意です。

~長門市の地域おこし協力隊って~

今は1000を超える自治体で実施されている

“地域おこし協力隊”

という制度ですが、各自治体によって受け入れ態勢や活動にはかなり違いがあります。

例えば長門市の特徴はこんな感じ

・市の嘱託職員として雇用
・週5日活動
・社会保険、雇用保険加入
・中間支援団体(民間)が活動を支援
・報酬:166,500円/月

自治体によっては、契約が“業務委託”だったり“週4日勤務”だったりします。

また、報酬も多少違います。

その他、様々な活動条件がある場合も。

長門市の場合は、市の嘱託職員になりますので、自由に活動をしたい人にはかなり不便。

例えば、プライベートで稼ぐ事(副業)もかなり制限され、すべてにおいて市の許可が必要。

その代わり、社会保険・雇用保険完備です。

・中間支援団体(民間)が活動を支援

これが、長門市の地域おこし協力隊の特徴的なところ。

多くの自治体が、役所に協力隊のデスクを準備し、職員が協力隊の活動支援を行うのですが、長門市の場合は

民間企業の事務所にデスクを置かせてもらい、活動の支援をして頂きます。

つまり、市役所はあくまでもバックアップ
定期的にミーティングはありますが、基本的には相談役。
直接的な活動内容の決定や相談は、民間企業にお世話になります。

私は

“商品開発・販売促進事業担当”

なので、お世話になるのは

ながとラボさん。

こちらの施設では、県内でも珍しい“フリーズドライ”の機械や、多くの加工用の機器を揃えており、長門産食材の加工・商品化はもちろん、市外・県外の食材加工も請け負っています。

これから、施設での仕事を覚えて、長門の食材について勉強して、、、

生産者や、地元企業の方々とお会いする機会ももちろんあるので、日々新しいことへの挑戦です!

shinya

著者
shinya

shinya

大学卒業後、2年半の旅行会社経験を経て料理人に。 35歳までに起業することを目標にして過ごす中で、学生の頃に学んだ【地域振興】に対する想いが膨らみ、32歳で地方移住。 現在、山口県長門市にて「地域おこし協力隊」として活動中。3年間の活動後の目標は、この地での起業。