萩城跡で

“ミドリヨシノ”

(ミドリヨシノに関しては前回ブログ【萩城跡でミドリヨシノを見てきた】にて)

を観た後

さらに散策をしていたところ

何やら興味を惹かれる看板

調べてみるとこの山

指月山

というらしい。

【指月山】
標高143m。
“天然の要塞”と呼ばれるこの山には萩城の詰丸が築かれ、城内と海を監視していました。
山頂までは登山道があり、徒歩20~30分ほどで登れます。
城内林として保護されてきたため、樹齢600年を超えるとされる巨樹も多く、また温暖帯照葉樹林として日本でもまれにみる成熟した森林であることから、国の天然記念物に指定されています。
萩市観光協会公式サイトより抜粋)

なにここ

面白そう!!

ということで

登ってみた!

指月山

「20~30分で登れる」

「城内と海を監視していました」

って書いてあるし

ちょうどいい運動になるな!

山頂からの景色もいいだろうし!

と思って登り始めた

5分後

展望台なし!?笑

え、景色見えないの!?笑

正直すぎて、親切すぎて、、、

ここで折り返す人

結構いるんじゃないだろうか?笑

まぁとりあえず

運動だと思って先へ進むことに!

※自然満喫!!
※これが国の天然記念物の森
※途中から道が険しく、、、
※何この看板

最初は整備された道なんですが

途中から

かなりキツクなります、、、

息切れするし、汗だくになるし

もはやこれは

運動どころではなく

トレーニング

そんなこんなで

頑張って登って

約20分

到着!!

しかも

展望台無いって書いてあったのに

景色いい!!

※雨降りそうだけど、絶景
※海側もよく見える!

ツンデレか。笑

確かに

“展望台”

的な施設は無いけど

あの看板↓↓

いらなかったでしょう。笑

頂上を散策すると

詰丸の跡が点在。

森に囲まれて

遺跡が残る風景は

なんだかとっても

ジブリっぽい。

そしてここで

思わず

“ベニヤマタケの観察会”

学んだ事が活かされる。笑

(観察会については以前のブログ【ベニヤマタケの観察会に行ってきた】にて)

椿の花が落ちている

ということは

あのキノコ

あるのでは??

そう

ツバキキンカクチャワンタケ

観察会に参加するまでは

こんな名前のキノコ

聞いたことも無かったし

そもそも

山でキノコを探そうなんて思ったのは人生で初めてなんですが。笑

ちょっと探したら見つかりました

※ツバキキンカクチャワンタケ

なんだろう

この達成感、、、

楽しい。笑

さらに

発見したこのキノコ

観察会に参加していなかったら

“何このキノコ、気持ちわる”

くらいにしか思わなかったであろう

トガリアミガサタケ

まぁ、にわか知識でキノコを採って食べるのは怖いので

持って帰ろうとは思わないですが、、、笑

そんなこんなで

登るのは大変でしたが

だいぶ楽しめた

指月山

萩城跡に行かれる際は

ぜひ!

shinya

著者
shinya

shinya

大学卒業後、2年半の旅行会社経験を経て料理人に。 35歳までに起業することを目標にして過ごす中で、学生の頃に学んだ【地域振興】に対する想いが膨らみ、32歳で地方移住。 現在、山口県長門市にて「地域おこし協力隊」として活動中。3年間の活動後の目標は、この地での起業。