長門市には5つ温泉郷があり「長門五名湯」と呼ばれています。

・長門湯本温泉(ながとゆもと)
・俵山温泉(たわらやま)
・油谷湾温泉(ゆやわん)
・湯免温泉(ゆめん)
・黄波戸温泉(きわど)

どの温泉も魅力的なのですが、、、

今回は、中でも不動の一番人気。

現在再開発中の

長門湯本温泉

を、開発中の様子とともに御紹介します!

長門湯本温泉

車だと

・長門市の中心街から約10分
・新山口駅から約60分
・山口宇部空港から約90分

電車だと

JR美祢線「長門湯本駅」
・長門市駅から2駅(約7分)
・厚狭駅から9駅(約60分)
※駅から歩いて約10分

ちなみに、「長門湯本駅」から温泉街までは、商店は数店しかなく、どこかノスタルジックな住宅街を歩きます。

※「長門湯本駅」レトロな無人駅
※電車は1時間に1本来るか来ないか、、、
※写真でしか見たこと無かった、このタイプのポスト
※踏切を渡ると温泉街入口
汽車でも通りそうな雰囲気
※温泉街入口の観光案内所。
MAPももらえるので、電車でお越しの際はぜひ寄ってみてください

長門湯本温泉の歴史は古く、その開湯は約600年前とも云われます。

江戸時代には藩主も度々湯治に訪れていたとされる、山口県屈指の名湯

しかし、その歴史とともに

各施設は老朽化

利用客は減少、、、

そこで、市民が立ち上がり

2016年

長門湯本みらいプロジェクト

として、温泉街の再開発がスタートしました。

※駅から歩いてくると、MAP一番上「吉冨幸進堂」の横の道から入ります。

今日(2020年1月25日)の時点だと、既に完成しているところも多かったです!

※工事中の「恩湯」と「飲食棟」
※3月開業予定の星野リゾート
※整備中の河原
※ライトアップの準備も、、、
※川沿いのベンチってなんか素敵
※足湯はもう完成
※川の水がキレイ!
※「紅葉の階段」ここを上がると新しい駐車場の脇へ
※駐車場は完成してるけどまだ誰も使ってない様子
※結構しっかり取るんです、駐車料金
※新しくバス停もこちらに
※新山口駅との往復バスは1日2本。乗合タクシーは完全に地元民向けかと。
※駐車場からは温泉街が一望
※工事中の「竹林の階段」
完成したら、駐車場から温泉街への最短ルート
※メイン通りから少し逸れると、昔ながらの街並みが

素敵な温泉街になる予感。

様々な施設の開業は3月。

桜の咲くシーズンに合わせての開業になるので、その時にまた、御紹介します!

shinya