ながとラボ

商品の製造・開発を行う日々

※私の地域おこし協力隊としての普段の仕事に関しては
過去投稿
長門市の地域おこし協力隊
移住して半年!地域おこし協力隊の今!
などなど

昨年度

棚田米BISCOTTI

を発売してから

半年が過ぎた

今年の1月頃

コロナの影響もあって

製造ペースも落ち着き始めた頃合い。

そろそろ

地域おこし協力隊として

新商品を発売したい、、、!!!

ということで

開発を始めたのが

レトルトのパスタソース!!

この商品にした理由は、、、

・前回が【焼菓子】だったので、今回は【レトルト】の商品を
センザキッチンの取扱商品に、パスタソースは無いので、地元の業者に迷惑がかからない
長門市の食材を、ふんだんに使用できる商品
・私のイタリアンの経験を生かすことができる
・長門市にはパスタ専門店が無いので、観光客のみならず、市民が購入することも期待できる

食材

使用する食材に関しては

これまでの活動で出会った食材をメインに!!

トマト
小松菜
岩牡蠣
ハーブ
しいたけ
長州どり
etc…

考える中で思いついたのが

“地域ごとの食材でソース作ったら面白いかも??”

海に山に里に

自然豊かな長門市。

海の幸あり

山の幸あり

そのエリアは

大きく分けて6エリア

・三隅
・青海島、仙崎
・湯本、深川
・俵山
・日置
・油谷

エリアごとのソース

を作ったらコンセプト的に面白そう!!

ということで

思いついた食材をエリアごとに分割

トマト ・・・ 三隅
小松菜 ・・・ 三隅
岩牡蠣 ・・・青海島
ハーブ ・・・ 三隅、油谷
しいたけ ・・・ 油谷
長州どり ・・・ 全域

そこから

それぞれのエリアの食材を使って

ソースを考える!!

そして、、、、、

試作!!!

今回の調理法は

【レトルト】

という特殊な調理法。

加圧状態

120℃を超える熱がかかるため

食材の状態は

通常に調理する場合とずいぶん違うものになる。

食材の組み合わせ
下処理
加熱温度
加熱時間

なかなか納得できず

試作

試作

試作

、、、

、、、

意外と難しかったのが

クリームソース!!

生クリームで作って

レトルトにかけると

分離してしまう、、、

豆乳、牛乳、植物性、動物性、、、

様々試すも

どれもうまくいかず、、、

たどり着いた結論が

ホワイトソース!!

そして

こちらも難題

塩分!!

パスタを茹でる際

多くの料理人は

1%程度の塩水

で茹でるので

その感覚でソースを作ったところ、、、

味が薄すぎる

との御意見が多数、、、

家庭では、おまじない程度しか塩を入れない方がほとんどなので、、、

真お湯で茹でた麺でも美味しくなるように、、、

調整が難解!!

更に頭を悩ませたのが

製造効率と正確性!!

同じ商品を
早く
大量に

作らなければいけない

製造

という仕事。

どんな下処理方法がいいのか
どうすれば早く正確に充填できるのか

料理人の時とは

また違った視点で

料理と向き合う必要がある。

そんな試行錯誤を繰り返すこと

約2ヵ月

試作品が完成!!

【三隅】
長州どりとフレッシュトマトのアーリオオーリオ
【青海島】
岩牡蠣の和風クリームソース
【油谷】
椎茸とハーブのトマトソース

※三隅
※青海島
※油谷

いろいろな方に試食していただき、、、

おおむね好評で一安心

改良を繰り返すのと同時進行で、、、

パッケージデザイン!!!

正直

これの良し悪しで

売上が大幅に変わる、、、

ということで

デザインに関しては

次回以降の投稿にて!!

shinya

投稿者
shinya

shinya

大学卒業後、2年半の旅行会社経験を経て料理人に。 35歳までに起業することを目標にして過ごす中で、学生の頃に学んだ【地域振興】に対する想いが膨らみ、32歳で地方移住。 現在、山口県長門市にて「地域おこし協力隊」として活動中。3年間の活動後の目標は、この地での起業。