再び

出張料理人の依頼!!

場所はいつもと同じく

角島を望む絶景が広がる

てぃだ

にて!!

過去投稿
しんや食堂~角島~
しんや食堂~角島 Vol.2~

今回の御依頼は

2本立て!!

【8月14日 居酒屋風】
人数:4名様
アレルギー等:無し
リクエスト:酒飲みの集まりなので、酒のアテを。
※大皿で提供

【8月21日 イタリアンコース】
人数:5名様
アレルギー等:無し
リクエスト:無し
※ひとり一皿で提供

8月14日 居酒屋風

コロナ渦ですが

御家族での集まり

とのことで

大皿で

酒のアテを中心に。

酒のラインナップは

ビール、ワイン、ジントニック

ということで

和食”

というよりは

“洋食・中華”

を意識して。

※全10品
※下関産翡翠ナスの揚げびたし

鶏だし、中華だし、ごま油をきかせて。

酸味を強めにして

夏らしく。

※長門産ピーマンと長州どりムネ肉のよだれどり

ピーマンはさっと油通しして

シャキシャキの食感を残して。

たれには、ナッツを入れて

食べるラー油っぽく。

※仙崎産ケンサキイカの和風カルパッチョ

イカは、軽く塩を振って

冷蔵庫で一夜干し。

薄造りに。

※長門産幸水とクリームチーズ、水菜のサラダ仕立て

梨、水菜、クリームチーズ、オリーブオイル、ビネガー、塩コショウ。

幸水の甘さで、塩味を引き立たせ

ビネガーで味をまとめて。

クリームチーズの濃厚さと酸味がマッチ。

意外なようで、しっくりくる組み合わせ。

※油谷産椎茸と長門ゆめん豚の炒め物

油谷で育てられている肉厚の椎茸。

最近よく使う、長門ゆめん豚。

長門の美味しい食材を、トマトソースでまとめて、ジェノベーゼをアクセントに。

居酒屋っぽいネーミングにしましたが

イタリアンな一皿

※阿武の鶴酒造の酒粕で漬け込んだ、長州どりもも肉のステーキ

いわゆる酒粕漬け。

味噌を入れて、濃厚な味わいに。

いつもお世話になっている

阿武の鶴酒造さんの酒粕

ふんだんに使用して。

※白オクラとトマトの冷やし讃岐うどん

生で食べても美味しい白おくらをスライスして。

粘りが強いので

うどんとツユが良く絡んでいい感じ。

白だしベースの味付けに

オリーブオイルをひと回しして

洋風な仕上がりに。

8月21日 イタリアンコース

コロナ渦なので

ひとり一皿。

シェアは無しで

ディスタンスを。

※全6皿
※長門市産茄子とパプリカのカポナータ

ナスとパプリカは、素揚げ。

トマトソースで煮込まずに、マリネ。

素材の味を生かしたカポナータ。

※俵山産安芸クイーンとモッツァレラチーズ、トマトのカプレーゼ

安芸クイーンの甘さと

爽やかな香りが

カプレーゼに加わって

香り高い一皿に。

“安芸クイーン”を育てる

津田農さん

市内外から大人気の農園!!

※くりまさると三隅産レタス、オリーブのおつまみサラダ

くりまさる

素揚げして

更に甘さを引き立てて。

自家製の

和風玉ねぎドレッシング

おつまみらしいサラダに。

※パッケリ 長州どりとオクラのラグーソース

珍しい料理や

普段食べない料理が

お好きな方々なので、、、

パッケリ

を使用して!!

オクラを使うことで

ソースに粘度が出るので

パッケリとよく絡んで美味しいです!!

アクセントに

生胡椒を!!

※鹿野高原豚バラ肉と油谷産椎茸のボリート サルサベルデ

肉厚でおいしい

油谷産椎茸

脂がそこまで多くなく、肉の旨味が楽しめる

鹿野高原豚バラ肉

棚田のハーブとともに

ボリート

に!!

ボリートとは

言うならば

【イタリア風おでん】

“からし”

ではなく

サルサベルデ
(イタリアンパセリのソース)

薬味として使うのが一般的!!

※ゆずきち香る 特別熟成バナナのキャラメリゼ チョコレートアイス添え

バナナは

コンポートして
キャラメリゼ。

ゆずきちは

皮だけ削って
香りを。

チョコバナナは最強の組み合わせ!!

よく御注文いただく

オードブルやお弁当も

楽しいです

やはり

皿盛りの料理

楽しいです!!

ありがとうございました!!

shinya

投稿者

shinya

大学卒業後、2年半の旅行会社経験を経て料理人に。 35歳までに起業することを目標にして過ごす中で、学生の頃に学んだ【地域振興】に対する想いが膨らみ、32歳で地方移住。 現在、山口県長門市にて「地域おこし協力隊」として活動中。3年間の活動後の目標は、この地での起業。